2020年11月30日 (月)

尊厳を守る

歳を重ねると

 

出来ないことが多くなる

 

覚えていられないことも多くなる

 

でも

 

出来る事もある

 

覚えていることもある

 

得意なこともある

 

それを引き出し、守り、支えていける場でありたい

 

20201130a

 

 

2020年11月19日 (木)

アポロン中溝 かりんの蜂蜜漬けを作りました

アポロン中溝Bチームでかりんの蜂蜜漬けを作りました。

かりんは喉やかぜ予防に良いと言われています。

20201119a

使用した蜂蜜はBチームの利用者様の亡くなったご主人様が

蜂を育てて作った純粋な貴重なものです。

20201119b

蜂蜜がとけたらお湯で割ってみんなで温まります。

1週間ほどで飲み頃になります。

20201119c

 

(豆知識)

純粋な蜂蜜ほど白く固まったようになりますが

湯せんをするときれいな蜂蜜に戻ります。

さらっと水っぽい感じに…。

とり~りしている蜂蜜は水あめが混ぜてあるそうです。

2020年10月 6日 (火)

アポロン中溝 秋をみつけました

202010064

202010065

202010063

202010062

202010061

 

今日のレクリエーションは中庭で行いました。

秋晴れの下、皆様気持ち良さそうに参加していました。

202010066

202010067

202010069

2020100610

2020100611

2020年9月17日 (木)

人生100年時代

コロナ感染対策で思うように活動できない日々が続いています。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

さて、最近ニュースや新聞雑誌などで『人生100年時代』という言葉を耳にすることが多くなりました。

『人生100年時代』とは、ロンドン・ビジネス・スクール(London Business School、LBS)のリンダ・グラットン教授(Lynda Gratton)とアンドリュー・スコット教授(Andrew Scott)が、『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)100年時代の人生戦略』(東洋経済新報社)の書籍の中で提唱した言葉です。

 リンダ・グラットン教授は人材論、組織論の世界的権威、アンドリュー・スコット教授は金融・財政政策、長寿化などの分野を専門とする経済学教授です。

 今後、全世界で長寿化が進み平均寿命が100歳に達するといわれています。そのため、時代や環境に合わせた変革が求められています。そのような時代にヒントを与えてくれる一冊です。

こちらは、35万部を売り上げたベストセラーです。興味ある方は読んでみてください。

 

 日本でも、人生100年時代を見据えた経済・社会システムを実現するための政策のグランドデザインに係る検討を行うため、2017年9月に安倍晋三内閣総理大臣が議長を務める「人生100年時代構想会議」が設置されました。

 ちなみに、リンダ・グラットン教授も「人生100年時代構想会議」のメンバーです。

 その会議の中間報告書がインターネットで閲覧できますが、その報告書の冒頭に驚くべき内容が書かれています。

 

“我が国の長寿社会はどこまで進んでいくのか。ある海外の研究を基にすれば、「日本では、2007年に生まれた子供の半数が107 歳より長く生きる」と推計されており、我が国は健康寿命が世界一の長寿社会を迎えている。”

 

※リンク 人生100年時代構想会議 中間報告(首相官邸ホームページ)PDFファイル

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/jinsei100nen/pdf/chukanhoukoku.pdf

 

なんと、

「日本では、2007年に生まれた子供の半数が107歳より長く生きる」

そうです。

(未来のことなので、分かりませんが…。)

 

昨年、アポロンでは島田市長に訪問していただき、107歳のご利用者様を表彰していただきました。

ご家族もいらしていただき、みんなで長寿を盛大にお祝いしました。

市長に長寿をお祝いしていただくことは、栄誉なことであります。

しかし、これから107歳まで生きることが当たり前になる時代が来るというのです。

 

これから、誰も想像できない未来が訪れそうな感じがします。

年金、医療、介護、労働、雇用、経済などあらゆる問題が想像できます。

 

悩んでいても仕方ありませんが…この予測から、自分が思ったよりも長生きしそうです。

なるべく他の人たちに迷惑を掛けないように、健康に気を付けようと思います。

まずは、健康寿命を少しでも延ばそうと、ジョギングやウォーキングに励もうと思う今日この頃です。

2020年8月19日 (水)

アポロン中溝 風船バレーを行いました。

皆さんこんにちは。

夏の強い日差しがサンサンと照り付ける日が続いています。

815日は終戦記念日でした。75年前の今日もこんな日だったのでしょうか。

ご利用者さんの戦争体験を耳にしますと胸が痛みます。

今年はコロナ禍の中で迎えた終戦記念日ですが、平和な世の中しか知らない人間としては複雑な心境にさせられます。

夢溢れる世の中でありますようにと祈りたいです。

 

熱中症には注意してお過ごしください。

 

今日は運動不足にならないように風船バレーを行いました。

20200819a

20200819b

最初は上半身の運動でしたが途中から足も使い下半身の運動にもなりました。

20200819c

20200819d

床に風船を落とさないように懸命になりました。

20200819e

 
まだまだ暑い日は続くと思いますが頑張ってこの暑さを乗り切りましょう

2020年8月 5日 (水)

アポロン中溝 夏到来!!すいか割り!!!

野菜作りが得意な職員さんがこの日のために、

120日間かけて大事に育てた大きな大きなスイカ

中身がいっぱいに詰まっていてなかなか割れませんでした。

20200805a

20200805b
20200805c
20200805d
20200805e
20200805f


愛情がたっぷり詰まったスイカは、あま~くてみずみずしくて思わず「おかわり!」

20200805g

20200805h

20200805i

 

 

2020年8月 3日 (月)

アポロン中溝 「ラムネを飲みたい」

利用者様の「〇〇したい」の希望を叶える第2弾(第1弾は「たい焼き」でした…)

「ラムネを飲みたい」

20200803a

ビー玉の入ったラムネ「懐かしいね~」

レクリエーションで歌を唄ったあとの炭酸は

20200803b

のどの渇きにとてもおいしいとの事でした。(職員もいっしょに飲みました。)

20200803g

20200803d

20200803c

20200803h

20200803i

20200803e

20200803f

これからも「〇〇を食べたい」など、ご希望を叶えます。

2020年7月28日 (火)

アポロン中溝 まだまだ明けませんね~

今年の梅雨は長いですね~。そろそろ明けますかね?

新型コロナに関してはお隣の藤枝市でも感染者が出ており、浜松市においては集団感染が起きたりと、今や誰が感染しても不思議ではないと感じています。

 

私達アポロンでは、皆様の感染対策へのご理解、ご協力の元、ご利用者様たちは施設内では平穏に生活しております。

 

感染予防の元、施設内では今まで通り、創作やレクリエーションを行っています。

ここで、私が所属するCチームの壁飾りの一部を紹介します。

 

★職員紹介&Cチーム目標ポスター★

20200728a

セピア色がいい感じ♪

20200728b

全体像はこんな感じ!有名なあの絵ですよ🖌

20200728c
作成者のこだわりは太陽と青虫。手間掛かってます、間近で見て欲しいっ‼

 

✿季節の創作飾り✿

20200728d

アジサイと虹♪これも間近で見るとなお綺麗!

20200728e

夏って感じで素敵です♪早く梅雨が明けますように☀

 

 

🍡先月ですが、お団子作って新茶を味わいました🍵

20200728f

20200728g

20200728h

20200728i

20200728j

飲み込みが難しい方にも食べれるようにお豆腐入れたレシピでクッキング!

おいしかった~♪

 

ご利用者様も外出できず、我慢の日が続いております。

なのでこんな感じで職員が工夫して企画したり、仕事の合間を縫って計画、作成したりと、私たちができる事で季節を感じてもらっています。

20200728k

素敵な笑顔です

 

私たちもご家族の方と会って話す機会が減り、もどかしい日々を送っています。

“自分自身の行動が大事な方の命を守る事に繋がる”

元の日常が戻るのにはまだまだ時間は掛かりそうですが、その日が訪れる日を信じ、今は一人ひとり意識して予防に努める事が第一ですね。

2020年7月13日 (月)

アポロン中溝 七夕かざりで賑やかになりました

Aチーム

20200713a  

 

Bチーム

20200713b

 

Cチーム

20200713c

 

事務所

20200713j

みなさんのさまざまなお願いごとが五色の短冊に書かれいます。

 その中で早くコロナが終息しますようにとの願いが目立ちました。

20200713e

本当に以前のような静かな世の中に早く戻ってほしいです。

 アマビエ様にもお願いします。

20200713ama

アポロン中溝 通所リハビリテーションで牛乳寒天を作りました。

久しぶりのおやつレクリエーションで牛乳寒天を作りました。

みかんを指先を使い花の形に綺麗に並べました。

20200713cimg2119

 

今回は、牛乳寒天にコンデンスミルクを入れ作りました。 

20200713cimg2132
 

オタマでそっと寒天を流し入れ、利用者様、職員とで協力して楽しく作りました。

20200713cimg2144

20200713cimg2146

 

皆様にも大好評「これは素人が作ったじゃないな」と、お褒めの言葉も頂きました。梅雨のじめじめと暑さを吹き飛ばし、さっぱりした牛乳寒天が美味しく出来ました。

20200713cimg2161

さあ~いよいよ夏本番です!

今度はどんなおやつを作ろうかな~

より以前の記事一覧

最近の写真

  • 20201130a
  • 20201119b
  • 20201119a
  • 20201119c
  • Photo_20201116154001
  • Img_9724
  • Img_9722
  • Photo_20201116154002
  • 2020100611
  • 202010068
  • 202010061
  • 202010063