« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月27日 (木)

誰かの役に立ちたいという気持ち

「何か仕事がない?」

「私も手伝うよ。」

「もっとやることを用意して!」

利用者さんから声が上がる。

 

今までのようにきちんとうまく順序通りにはできないかもしれないし、出来る仕事はそれぞれ違いますが、お一人お一人の出来ることを、できるように準備することで出来ることがたくさんあります。

 

認知症だからといって、何もできないわけではありません。

 

なのに

「危ないから」「うまくできないから」「時間がかかるから」と

できる可能性のあることも奪われがちです。

上手くできないことを責められることで、どんどん自信を無くしてしまいます。

何もすることがないと、気持ちもどんどんふさぎ込み、認知症の症状が悪化する恐れもあります。

 

 

認知症があるけれど、やれることはやりたい、誰かの役に立ちたい、人から感謝されたいと思う気持ちを持っている方はたくさんいらっしゃいます。

その気持ちを大切にするためにも、できる事をきちんと把握して、できる事まで奪わないことを大事に、できないことはできるようにそっとサポートを大切にしていきたいです。

 

Photo_20220125165602 

写真1:トイレで使うペーパーをとにかくたくさんたたんでくださいます。すぐになくなってしまうので本当に助かります。

 

Photo_20220125170401

写真2:ごみをまとめる新聞紙をたたんでくださっています。

 

利用者の皆さん、職員の手が回らない部分のお手伝いをたくさんしてくださっています。

いつもありがとうございます。感謝。

2022年1月21日 (金)

お役立ちサイト情報 ①

今回は、認知症の介護の体験談をみたり、投稿したりできるサイトをご紹介します。

 

その名も、「認知症ちえのわnet」です。

 

認知症ちえのわnetとは、認知症の人におこる様々な症状に対する対応法の「うまくいく」確率を公開するサイトです。

 

例えば、「施設から外へ出ていこうとする、家に帰ると言う」という症状に対して、「今日は遅いので明日相談しようと言う」と対応は、約8割はうまくいったけど、約2割はうまくいかなかった…なんていう情報が調べられます。

 

介護をしているご家族様、介護事業所で働くスタッフの方、ご興味のある方は一度サイトにアクセスしてみてください。

 

認知症ちえのわnet : https://chienowa-net.com/

 

地域包括支援センター 栗田

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)発生のお知らせ

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)発生のお知らせ

 

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

令和4119日午前中に、サテライト型介護老人保健施設アポロン伊太(以下「施設」という。)に勤務する職員1名の新型コロナウィルスの感染が確認されました。以下は今回の経緯となります。

 

1/13 島田市内保育所に通う当該職員の子供が、濃厚接触者の可能性ありと連絡を受け(PCR検査は陰性)、その日の午後より当該職員に自宅待機の指示

1/19 当該職員及びその家族2名に発熱症状あり。医療機関を受診し抗原検査を行う。3名とも陽性反応

 

上記の経緯を保健所に連絡し、保健所の調査を踏まえた上で今後の対応を確認したところ、当該職員が113日より早退し、その後出勤していない状況であるので、濃厚接触者に該当する方はなく、特に問題はないとの指導を受けました。施設としましても、113日に出勤していた職員5名に対し、抗原検査を実施し、全員陰性を確認しております。

皆様には大変ご心配をお掛けしますが、なにとぞご理解の程、お願いいたします。

なお、今後について変化がありましたら、追ってお知らせさせていただきます。

 

 

2022年1月13日 (木)

認知機能の維持 ②閉じこもり防止

作業療法士 長嶋 裕美

部屋や家の中一人で過ごすことは、私は楽だと感じます。

けれども閉じこもりは認知症を招くリスクが高まるということはご存じでしょうか。

 

外出が週1回以下の高齢者は、週1回以上の人に比べて認知症になるリスクが3.5倍にもあがるとのことです。

 

外出には散歩や買い物、ゴミ出しなどいろいろとあります。

ただ、認知機能の維持につながる『閉じこもり防止』となると、人とのつながりも重要になってきます。

どんな活動に参加したらいいのか、お悩みの方がいらっしゃいましたら島田市と島田市社会福祉協議会が作成している「いきいき生活のすすめ」に掲載されている地域の活動の場に参加することも検討してみるのはいかがでしょうか。

 

参照:

https://www.city.shimada.shizuoka.jp/fs/4/5/8/0/5/1/_/R03-07-ikiki-seikatsu-no-susume.pdf

 

 

2022年1月12日 (水)

迎春

年末に新年の挨拶を、入所されている方に筆で書いていただきました。

20210112

今年もよろしくお願いします。

2022年1月 6日 (木)

ご近所さんがすごい

居宅介護支援専門員 秋山 里織

 

ある利用者さんのお宅にお伺いした時、ご家族から素敵なお話を聞きました。

ご近所に住むご高齢のご夫婦の様子が、最近気になっているとのこと。

集会の日時を何度か聞いて、「あれ?」と思ったそうです。

そのご夫婦はずっとそこに住んでいる方で、ご近所もみんな顔なじみ、長い付き合いだそうです。

だから家族構成も知っているし、人となりもわかっていて、他にも心配していたご近所さんみんなでそっと見守っているそうです。

すごいですね。

こういうのなんて言うんでしょう?地域力?ご近所力?

なんだかとっても素敵です。

 

お話を聞いて、私たちの目指す「地域包括ケアシステム」ってこういうことなんじゃないかなと思いました。

特に何もしなくても、ちょっとした気づきがいざという時に力を発揮するんですね。

 

ご近所さんの中には、医療関係や福祉関係の専門職もいるかもしれないし、隣のおばさんや裏のおじさん、町内会長さんや民生委員さん、いつも利用している銀行やお店の人、毎日家の前を通る学生さん等いろんな人がいると思います。

そんな皆さんが自分も「ご近所力」の一人だと気づいて、ちょっと意識してくれたら最高に心強いですね。

 

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

最近の写真

  • Img_4475
  • Img_4505
  • Img_4325aaa
  • Img_1367
  • Img_1381
  • Img_1355
  • Img_1361
  • Img_1370
  • Img_0714
  • Img_0717
  • Img_1648
  • Img_0715